アートスタジオKUWA房

日本画作家 桑原武史の「自身の制作」と「絵画教室の開催」ご案内

TEL.023-623-5205


〒990-0052 山形県山形市円応寺町10-13

展覧会

「第74回 春の院展」


このたび下記の日程で開催されます「第74回 春の院展」『書初め』という作品を出品させて頂く運びとなりました。
『書初め』

この作品は一見、天地が逆のように思われる方もいるかと思われますが…
あえて、このような構図にした作品です。
文字も含めて【こども教室】の受講生に協力をしてもらって完成する事が出来ました。
本当に有り難うございました。
お近くへお越しの際には、ご高覧頂けます様にご案内申し上げます。

「第74回 春の院展」

◆開催場所 : 三越日本橋本店 本館7階催事場 (※その後、全国巡回)
◆会期   : 3月27日㈬~4月8日㈪
午前10時~午後6時30分【午後7時閉場】
(※最終日は午後5時30分まで【午後6時30分閉場】
◆入場料  : 一般・大学生800円 / 高校・中学生600円
【小学生以下無料・税込】

「新鋭日本画 野桜会展」

 

このたび下記の日程で開催されます「新鋭日本画 野桜会展」へ出品する運びとなりました。
写真の『朝顔』扇子の額装作品など日本画作品数点を出品しております。
お近くへお越しの際には、お立ち寄りいただきご高覧戴けますと幸いに思います。

【新鋭日本画 野桜会展】
◇会場:恵埜画廊(よしのがろう)
〒990-0042山形市七日町二丁目1-38 ☎023(623)3140

◇会期:2018年10月4日㈫~14日㈰ AM10:30~PM6:30(最終日PM4:00まで)
<※9日㈫定休日>

◇出品作家(50音順)
鬼塚堅太 金子富之 神谷恵 北野有里子 木村直広 桑原武史 須田健文 財田翔吾 千種伸宜 土井沙織 中井香奈子 山口裕子 山田美知男

◇賛助出品(東北芸術工科大学 日本画コース教授陣)
番場三雄 長沢明 末永敏明 三瀬夏之介 金子朋樹 岡村桂三郎
(敬称略)

「第73回 山形県総合美術展」

本日より開催されます「第73回 山形県総合美術展」(県美展)に
日本画の6名の受講生が出品しています。

●無鑑査 … 3名

入選 … 3名(※初出品・初入選2名)


「六月の詩」(無鑑査)受講生出品作品

「幸せな時間」(初入選)受講生出品作品

皆さん家事やお仕事でお忙しい中、一生懸命に制作してきた素晴らしい作品です。
これからも、より素敵な作品を制作していきましょう。

【第73回 山形県総合美術展】
◇会場:山形美術館
◇会期:9月1日~17日
(※その後、県内9市町巡回)

「第60回 山形県こども絵画展」

「山形県こども絵画展(こども県展)」の発表がありました。
作品応募総数13880点のうち、入賞・入選836点という約16倍の難関の中
こども教室の6名の受講生が入賞・入選しました。
おめでとうございます!

●入賞【60回記念展賞】:中学3年生(1名)

●入選:小学1年生(1名)
      小学6年 生(3名)
      中学2年生(1名)


「真海」(中学3年生)【60回記念展賞】受賞作品

【第60回 こども県展】
◇会場:山形美術館
◇会期:9月1日~17日
(※その後、県内9市町巡回)

「再興第103回 院展」

この度「再興第103回 院展」に出品する運びになりました。

今回出品する作品は『Avanti』(180.0 × 225.0/㎝)というBARの情景を描いた作品です。
2001年に取材させて頂いた有名なバーテンダーの方を描きました。
当時美大の学生だった私が雑誌の『BAR特集』に載っていた函館にある老舗BARの有名なバーテンダーの方にダメもとで取材依頼をしましたところ快くお受けして頂きました。残念ながら数年前にお亡くなりになったという事をネットで知りました。当時ご高齢であるという事もあり、たまにしかBARへ出てこられないという状況の中、ただの一美大生の私の為にわざわざ開店30分前に来てくださり優しく紳士に取材に応じて下さったことを今でも鮮明に覚えております。
今まで、このバーテンダーの方をテーマにした中作品での制作はしたことはありましたが大作での制作は17年越しの初挑戦となりました。
また、この度の制作にあたり多くの方に絵画モデルに入って頂きご協力を戴きました。
本当にありがとうございました。

ご多忙中とは存じますがご来場賜り、ご高覧戴きたくご案内申し上げます。

【再興第103回 院展】
◇会期:9月1日㈯~9月17日(月・祝) 休館日:9月3日㈪
午前9時30分~午後4時30分
最終日17日は正午までの入場
午後1時閉場

◇会場:上野 東京都美術館(ロビー階1・2・3展示室)

◇入場料(税込):一般900円(700円)/70才以上700円/大学生以下無料

「第一回 安雲野涼風扇子展」

このたび「第一回 安雲野涼風扇子展」へ出品する運びとなりました。
写真は制作中の『朝顔』の作品写真ですが、この扇面作品が扇子となって展示されるとの事です。
今回の作品は、工房前の公園に咲く『朝顔』を題材に描きました。

◆「第一回 安雲野涼風扇子展」
◆2018年7月21日㈯~29日㈰:9時~17時(最終日16時まで)
<※23日は、美術館のみ休館>
第1会場:安雲野市豊科近代美術館
〒399-8205 長野県安曇野市豊科5609-3 ℡0263-73-5638
第2会場:周岳山 法蔵寺
〒399-8205 長野県安曇野市豊科5716 ℡0263-72-2273
◆連絡先:安雲野涼風扇子展事務局 エムエープラン ℡0263-73-7826
◆後援:暗雲野市・安雲野市教育委員会・暗雲野市観光協会・市民タイムス・信濃毎日新聞社・信越放送・長野放送・テレビ信州・長野朝日放送・あずみ野テレビ・あずみ野エフエム放送

「北野有里子 日本画展」

IMG_6703

本日から開催している「北野有里子 日本画展」へ行って来ました。
北野さんとは在学中は一緒になった事はありませんが母校(東北芸術工科大学)の後輩にあたります。
現在は私と同じ『昇龍會』という日本画の勉強会に所属し【日本美術院の研究会員】として作家活動を頑張っています。
展示作品は小品から中作品までで短冊や六角形の作品と様々でしたが、
どの作品も丁寧に制作されており勉強になるとともに『私も頑張らなければ!!』とパワーも貰ってきました。
お近くへお越しの際には是非とも足をお運び頂きたく思います。

「北野有里子 日本画展」
◆恵埜画廊:山形県山形市七日町二丁目1-38
◆11月16日㈭~26日㈰:10:30~18:30(※火曜定休)

IMG_6704

関係ありませんが…今日は【生姜焼き定食】気分だったので…
仕事帰りに食材を購入して自宅で調理し<定食屋風>にしての盛り付けです(笑)
ちなみに、明日からは戴物の野菜が溜まっている為にまた【鍋】が続きます!!(今週だけで3日【鍋】なのですが…)
・御飯
・味噌汁
・冷奴
・白菜の漬物
・納豆
・豚生姜焼き
・ポテトサラダ
・千切りキャベツ

明日は鶴岡での教室なので頑張ろうと思います。(峠は雪だろうなぁ~…)

「松本哲男 展」

IMG_6606

師である松本哲男先生の没後初めてとなります回顧展へ行ってきました。
代表作が多く展示されていまして、改めて大変勉強になりました。

松本先生には日本画の事は勿論のことですが、「精神性」や「表現に対する姿勢」など人間性について多くの事を勉強させて頂きました。
松本先生と最後に直接お話をさせて頂いたのは【再興 第97回院展】(東京展)のレセプションの帰りに最終の新幹線に乗り遅れてしまい、特急列車で先生の御自宅のある宇都宮まで御一緒させて頂いた時です。その列車の車中で言っていただいたお言葉は今でも鮮明に覚えています。
『お前はいろんな面で不器用な人間だから、人の数倍頑張らなければならない』

お亡くなりになる前日には翌日の【再興 第97回院展】の地方巡回展で私の出品作品の説明をするかもしれないとの事で『あいつはどこで取材をしたんだ…』という確認の電話を周囲の方より頂きました。その様な事もあり翌日に訃報の連絡を受けた時には大変驚きショックでした…。

この世界へ導いてくださりチャンスをくださった松本哲男先生の教えを忘れることなく画道に精進していこうと思っています。

(余談ですが…)
美術館へ向かっている国道で、車のバックミラーを見ると大勢のバイカー集団が後ろに。赤信号で停車するとバイク集団の先頭の方がとなり車線の私の車の真横に…。窓越しに聞こえる会話の声がどこかで聞いたことのある声だな~と思い、横を見ると俳優の岩城滉一さんがハーレーダビットソンにまたがっていました(笑)プライベートでのツーリングという感じでしたがTVのまんまの姿で本当に格好良かったです。

【~360度の世界~松本哲男展】
◆天童市美術館
◆10/20㈮~11/19㈰ am9:30~pm6:00(入館pm5:30まで)
※㈪休館
◆一般:¥500
高校:大学生:¥300
小・中学生:¥200

 

「山形県美展」「こども県展」受賞・入選

P1030425 P1030426 P1030427
「蔵王」                「夕映え」            「高くのぼるぞ!!」

当工房で開催している絵画教室の受講生が「第72回山形県総合美術展」「第59回こども絵画展」へ出品しています。
(※ピンボケしていますが写真は受講生の【山形新聞賞】受賞2作品と「こども県展」の入選作品)
「第72回山形県総合美術展」(日本画部門)へ受講生(委嘱・無鑑査:含)が多数出品・入選し、その中で2名の方が【山形新聞賞】を受賞されました。
<※(日本画部門)の賞は7賞しかないので本当に凄い事だと思いますよ。>
「第59回こども絵画展」は約20倍という厳しい審査を経て受講生が入選しました。

入賞・入選された受講生を含めまして、皆さん本当に頑張って制作していて、それぞれに素敵な作品でした。これからも受講生の方々に表現をする事の楽しさを味わってもらいながら、それぞれのペースでレベルアップをしてもらえるような指導をしていこうと思っています。

◆開催場所:山形美術館
◆開催日:2017年9月2日㈯~18日㈪<※その後県内9市町巡回>

久々の仙台

P1030161 P1030162

昨日は絵画教室の日程変更・キャンセルなどが重なった事もあり夕方からの仕事だったため、大学時代よりご指導をいただいております【日本画家 谷 善徳】先生の仙台での個展に行って来ました。先生の作品を拝見させて頂き勉強になったのは勿論ですが、久々に先生とお会いすることが出来、コーヒーを飲みながらお話をする事もできて楽しいひと時を過ごすことが出来ました。以前は「仙台日本画教室」も開催していたのですが震災後に閉講となりましたので、それ以降久々のゆっくりとした仙台滞在となりました…(笑)。
帰りに、せっかく仙台まで来たので「伊達の牛たん本舖」で牛タン(塩味)・テールスープ(レトルト)を購入して夕食は牛タン定食に。

『谷 善徳 日本画展 ‐大地への祈り‐』
◆藤崎デパート 本館6階ギャラリー
(仙台市青葉区一番町三丁目2の7)
◆11月10日㈭~16㈬<※最終日:16:30閉場>
◆入場無料