アートスタジオKUWA房

日本画作家 桑原武史の「自身の制作」と「絵画教室の開催」ご案内

TEL.023-623-5205


〒990-0052 山形県山形市円応寺町10-13

2016年

年の瀬

P1030181 P1030183

勤務先の中学校の忘年会へ行って来ました。遠方の中学校なので先生方と飲めるのは年に一度の泊まりでの忘年会だけです。いろいろなお話が出来て本当に楽しいひと時を過ごすことが出来ました。その忘年会のゲームの景品として戴いたのが「マット」と「大きなランドリーバック」(2Lペットボトルを横に置くと大きさがわかるでしょう…)翌日『う~ん、どこ(何に)に使おう…』と考え、いろいろ検討を重ねた結果、我家のキッチンにマットの大きさがぴったりな事が判明!(笑)ランドリーバッグは高校の美術室のタオル類を洗いにコインランドリーに行く時に使用することにしました。幹事の先生方、本当にありがとうございました。

さて、アトリエは年末年始と大掃除を兼ねたリニューアルで大忙しです。10年ほどアトリエで使用している「竹ラグ」が痛んできて危ないので「ウッドラグ」に変え、こども教室で使用する資料の図鑑が増えたので本棚を変えます。発注した商品が年末年始とバラバラに届くので3週間くらいに渡ってのプチ・リニューアルとなります。(リニューアルが完成次第ブログに写真をアップします。)

本年中に賜りましたご厚情を深謝申し上げ、明年も変わらぬご交誼をお願い申し上げます。

毎年恒例「クリスマス」!?

P1030179P1030180

今年も相も変わらず、この時期がやってきました(笑)
そう「クリスマス」です!!
今年も毎年恒例、食品会社に勤める知人のノルマのお手伝いで購入した
『寿司・オードブル盛り合わせ・ケーキ…など』
で友人達と【ミニクリスマスパーティー】です…(笑)

ある意味、この時期の私の恒例行事になりつつあるかも…(笑)

こども教室「立体クリスマスカード」制作

P1030174P1030169P1030171P1030172P1030175P1030176P1030177P1030178

こども教室で毎年恒例の「立体クリスマスカード」制作をしました。
最初の画像は親子三人で受講して頂いている受講生の制作風景です。
色画用紙・絵具・色鉛筆・シールなどで、それぞれ個性的で楽しいクリスマスカードが出来ました。

皆さん、家に飾ったり知人に送ったりして楽しんでくださいね!!

おでんカレー

P1030167 P1030168

おでんの美味しい季節がやってきました。
私はおでんを食した翌日「おでんカレー」にしています。
以前、某料理番組でこのアイデアを見て以来、必ずやっています(笑)
少量の水とカレー粉を入れてコトコト煮込むだけ。
たとえるのなら出汁のきいた蕎麦屋のカレーといったところです。

今回は炒めた挽肉をいれて煮込み、カツとチーズを乗せて「チーズカツカレー」。
美味しく頂きました。

「新聞小説の挿絵」終了!!

P1030166

2015年7月11日から山形新聞で連載をスタートしました直木賞作家 高橋義夫さんの小説『最上義光』の挿絵を最終話まで作画をし全て提出して来ました。連載スタート当初は1年間という事でしたが、最終的には約1年半に渡り526枚の挿絵を描きました。(もちろんボツになった挿絵を含めると、もっと多いのですが…)

このたびの挿絵を担当し本当にいろいろな意味で貴重な経験をさせて頂き、これからの創作活動の一つの糧にしていきたいと思っております。

挿絵担当を推薦してくださりこのような機会を与えていただきました先生をはじめ、1年半に渡り原稿を自宅まで届けて下さりアドバイスや資料を揃えてくださいました山形新聞・小説担当の鈴木さん・大坪さん、そして原作の高橋義夫さんに本当に感謝と御礼を申し上げます。

紙面での連載小説『最上義光』はいよいよ佳境に入ってきます。連載はあとわずかとなりましたが高橋義夫さんの小説は勿論のこと、挿絵の方も見て頂けますと幸いに思います。

子ども教室「干支カレンダー」制作

P1030164P1030158P1030157P1030156P1030150P1030149P1030148

今年も希望者に「子ども教室」恒例【来年の干支カレンダー】制作をしてもらいました。図鑑の写真をよく観察して、消しゴムで落款までいれてもらい、それぞれに個性的で素敵な酉年カレンダーが完成しました。
是非とも『制作する楽しさ』の他に、自宅に飾って『自分の作品を鑑賞して貰う喜び』も味わってもらいたいものです!!

最近の日常と「プロの定義」…!?

最近は相も変わらず日本画制作・学校関係の仕事・絵画教室の仕事と残りわずかとなった新聞小説の挿絵の作画と慌ただしい毎日を送らせて頂いております(笑)本日も午前・午後と「鶴岡教室」、その後山形のアトリエに戻って夕方・夜にわたっての2教室…。有難い事なのですが本当に忙しいです…(笑)

先日、とある美術ジャンルのプロ志望の方より教室受講へのお問い合わせを頂きまして…。『正直にプロって厳しいですよ!!』との返答をしてしまいました…。といいますのも、私が学んでいた美術大学でも1学年(専科)30人程いて今現在(大学卒業後十数年ですが…)、どうにか作品を制作し世の中に発表出来ているのは私を含めて数人というのが現実なのです…。
(全国の美大でも良くて5%以下位しかその道でやって行けていないのが現実です…。それだけ厳しい世界なのです…)

勿論、現在指導している小学生・中学生・高校生でその道を目指している子たちは別です。これから基礎力を養い、将来的にそれ相応の学校で専門知識を磨いていくのですから。
ただし、一般の受講生にはそのことはなかなか当てはまりません…。
私自身現実を知ってしまっている上、プロの厳しさも体感しているので月2回の教室ごときでプロになりたいという受講希望者に『どうぞお越しください。』などと言える訳もなく…。それは私自身の責任を持った対応と考えます。
自分で言うのも変な話なのですが月2回程の「絵画教室」でプロになれるのでしたら皆なれているかと…思います。

厳しい事を言ってしまいましたが、でもそれが現実なのです。
すみません…プロってそんなに甘くないかも…。個人的な意見ですが。

 

「絵手紙教室」

P1030163

この度「山形市福祉文化センター」より半年前ほどにご依頼をいただきまして日程調整をした上、身体障害者のかたを対象としました「絵手紙教室」を本日してきました。

2時間という時間の中で、時期的な事もあり年賀状を意識して
【茄子】【椎茸】【ダルマ】【竹】を描いていただきました。

受講された皆さん2時間休みなしで一生懸命制作をされていました。
「失敗はありません。制作されました作品は全て味わいだと思ってください」
という私の言葉の通り、皆さんそれなりに個性的で素晴らしい作品に仕上がりました(笑)

私自身も受講生の方々と冗談を交えながら本当に楽しく指導ができた2時間でした!!

久々の仙台

P1030161 P1030162

昨日は絵画教室の日程変更・キャンセルなどが重なった事もあり夕方からの仕事だったため、大学時代よりご指導をいただいております【日本画家 谷 善徳】先生の仙台での個展に行って来ました。先生の作品を拝見させて頂き勉強になったのは勿論ですが、久々に先生とお会いすることが出来、コーヒーを飲みながらお話をする事もできて楽しいひと時を過ごすことが出来ました。以前は「仙台日本画教室」も開催していたのですが震災後に閉講となりましたので、それ以降久々のゆっくりとした仙台滞在となりました…(笑)。
帰りに、せっかく仙台まで来たので「伊達の牛たん本舖」で牛タン(塩味)・テールスープ(レトルト)を購入して夕食は牛タン定食に。

『谷 善徳 日本画展 ‐大地への祈り‐』
◆藤崎デパート 本館6階ギャラリー
(仙台市青葉区一番町三丁目2の7)
◆11月10日㈭~16㈬<※最終日:16:30閉場>
◆入場無料

中学校「美術展」鑑賞会

P1030159

通常㈬の中学校勤務日ですが、毎年「参観授業」という形で参加させて頂いております『山形県展・こども県展』(巡回展)の日程的な都合で、本日㈪の出勤とあいなりました。
しかしながら、授業時数が少ない【美術】という教科…。この機会は生徒たちにとっても私にとっても大変貴重な美術の授業となります。と言いますのも、1週間に1時間(中学)という現状の美術の授業時間内で各学期、中学・高校の授業をしている私が実感するのは課題作品を完成させることが生徒たちにとっては精一杯というのが正直な状況です。そのような状況の中、相反するように「鑑賞の重要性」も言われております…。勿論「鑑賞の重要性」については重々理解しているつもりですが、限られた少ない授業時数の中で作品鑑賞に充てられる時間はおのずと限られてきます…。
そこで、年に一度の「美術展」鑑賞会というこの機会は生徒たちや私にとって大変貴重な授業(時間)となります。

私の中での主な要素として
①『鑑賞マナーの理解』
②『人の作品を評価できる心』
③『日本の伝統美術でもある【日本画】の理解』
と少し欲張って3点の要素を心掛けて「鑑賞参観授業」挑んできました。
今回も日本画材である『和紙』『岩絵具』『膠』『岩絵具の素になる鉱石(岩)』を持ち込んでの参観授業となりました。

【反省点】(※もし、再度このような機会があるとすれば…)
日本の美術文化・素材説明の他に、
『作者が何を表現したかったのか』という本質的な事についても指導・説明が出来ればと思いました。

まぁ~、日々勉強・勉強の毎日ですので…。本当に完璧という事は無く、終わりの無い日々です(笑)
明日から、勤務先の高校の生徒が2週間後に控えた「美術系の進学」の推薦入試最終特訓に入ります。(出来れば、もっと前に相談に来てもらいかったのですが…)私が出来る限りの資料等は作成したので、受験まで出来る限りのサポート・指導に努めていきたいと思っています。とにもかくにも頑張ろう!!と自分に誓う。