アートスタジオKUWA房

日本画作家 桑原武史の「自身の制作」と「絵画教室の開催」ご案内

TEL.023-623-5205


〒990-0052 山形県山形市円応寺町10-13

10月

【じっくりビーフシチュー】

IMG_6607 IMG_6608

昨日の夕食は、教室の合間に調理して煮込んだ【ビーフシチュー】です。
午前教室前のam7:00に「スーパー」と「パン屋」で食材を購入。
1日中教室の仕事が入っている時にはam7:00オープンのお店は本当に有難く大変重宝しています。
昨日のビーフシチューは牛の「スジ肉」と「モモ肉(かたまり)」を下味をつけた後バターで表面を炒め、午後の教室中にじっくり弱火でコトコトと3時間煮込んだ【じっくりビーフシチュー】です。

付合せは…
・雑穀パン
・冷しゃぶサラダ
(残り物の豚肉・エリンギで調理/受講生から戴き物の「高知産かぼす」「ポン酢」を添えて)

本日は午前から絵画モデルさんにポーズに入って頂く日なので頑張ろうと思います。
ちなみに昼食・夕食ともに【ビーフシチュー】です!!(笑)

「松本哲男 展」

IMG_6606

師である松本哲男先生の没後初めてとなります回顧展へ行ってきました。
代表作が多く展示されていまして、改めて大変勉強になりました。

松本先生には日本画の事は勿論のことですが、「精神性」や「表現に対する姿勢」など人間性について多くの事を勉強させて頂きました。
松本先生と最後に直接お話をさせて頂いたのは【再興 第97回院展】(東京展)のレセプションの帰りに最終の新幹線に乗り遅れてしまい、特急列車で先生の御自宅のある宇都宮まで御一緒させて頂いた時です。その列車の車中で言っていただいたお言葉は今でも鮮明に覚えています。
『お前はいろんな面で不器用な人間だから、人の数倍頑張らなければならない』

お亡くなりになる前日には翌日の【再興 第97回院展】の地方巡回展で私の出品作品の説明をするかもしれないとの事で『あいつはどこで取材をしたんだ…』という確認の電話を周囲の方より頂きました。その様な事もあり翌日に訃報の連絡を受けた時には大変驚きショックでした…。

この世界へ導いてくださりチャンスをくださった松本哲男先生の教えを忘れることなく画道に精進していこうと思っています。

(余談ですが…)
美術館へ向かっている国道で、車のバックミラーを見ると大勢のバイカー集団が後ろに。赤信号で停車するとバイク集団の先頭の方がとなり車線の私の車の真横に…。窓越しに聞こえる会話の声がどこかで聞いたことのある声だな~と思い、横を見ると俳優の岩城滉一さんがハーレーダビットソンにまたがっていました(笑)プライベートでのツーリングという感じでしたがTVのまんまの姿で本当に格好良かったです。

【~360度の世界~松本哲男展】
◆天童市美術館
◆10/20㈮~11/19㈰ am9:30~pm6:00(入館pm5:30まで)
※㈪休館
◆一般:¥500
高校:大学生:¥300
小・中学生:¥200

 

祝 合格!!

IMG_6605

受講生が【長岡造形大学】の推薦入試に合格しました。
この受講生は勤務先の高校の卒業生で4年前の美術の教え子です。
社会人となって仕事をしながらの受験勉強でしたが本当に頑張っていました!!

私が教室を開催しているとは知らずに、春に工房を訪ねてきた時のことが思い出されます(笑)
「えっ、なんで先生が…!!」
「だって俺の工房だもん(笑)」

とにもかくにも、合格本当におめでとうございます!!
これからも頑張っていって下さいね。

ご褒美メガネ!?

P1030442

かつて「眼鏡は顔の一部です~」というCMがありましたが…。
コンタクトをしない私にとってメガネは髪型を変えるのと同様に気分転換になっています。

この度購入したフレームは俳優・タレントの【哀川翔】さんモデル。
久々に気に入ったデザインだったので、私にとっては少し高価な値段でしたが購入を決意しました。

私がメガネを購入する時に心掛けている事は「見た目のイメージが変わらない事」です。
購入後に知人たちが「全然変わんないじゃん!!」と言っていましたが、私にとっては、ささやかでありますが気分転換なっているのです…(笑)

Could create table version :No database selected