アートスタジオKUWA房

日本画作家 桑原武史の「自身の制作」と「絵画教室の開催」ご案内

TEL.023-623-5205


〒990-0052 山形県山形市円応寺町10-13

04月

「授業準備」


この1ヶ月、学校勤務日は生徒のいない学校へ勤務して、いつ授業が始まってもいいように板書やプリントの印刷や『3密(密閉空間・密集場所・密接場所)』を出来る限り避けるために机の間隔を広げるなどの準備をしてきました。新しく勤務する高校に至っては1授業内で2つの教室を使用して行き来しての指導となります。
また学校勤務の無い日には自宅で1年間分の授業プリント作成をしてきました(笑)

新しく勤務する高校の授業プリントや今まで勤務している高校の授業プリントの修正などで、ある意味今までにないくらい充実した授業準備をする日々を送れました。
山形県内の学校は現時点(5月1日時点)では5月11日から通常授業再開という指針ですので、生徒は勿論の事ですが私自身も楽しい授業をしていこうと思っております。
準備はいつも以上に万端です!!

大袈裟ですが、いざ出陣といったところで楽しみです。
このような状況ですが、自分のすべきことを粛々として頑張ろうと思います。

食日記「外食気分」

不要不急の外出自粛の中、皆さんがそれぞれに工夫して生活をされているかと思います。
私自身も学校勤務以外は出来るだけ外出を控えて、食料品の買い物も比較的すいている朝早くに行き一週間分の食材を購入して冷凍するようにしています。冷凍スペースはお肉などの食材でパンパンです…(笑)
学校勤務の無い日には、相変わらず㏂4:00に起床して、前の日に録画したTV番組を見て、授業のプリント作り等をして、夕方になると夕食の調理をするという生活を送っております。

そのような中、今日の昼食は気分転換にプチ「外食気分」を味わいました。
と言っても、コンビニで購入してきたものを少しだけお店のように盛付をして食べただけですが…(笑)
たわいもない事ですが少しだけ「外食気分」を味わえた…かも(笑)


◆「ベーコンエッグチーズバーガー」「フライドポテト」「コールスロー」

さて頑張ろう!

【教室通信】「5月いっぱい特別休講」

山形県内の学校は5月10日まで臨時休業ということで、教室も同期間の特別休講という措置をとらせて頂きましたが、さまざまな事を考慮して5月いっぱいまで特別休講とさせていただきます。
当初は学校再開の時期を教室再開の目安としておりましたが、ニュースでも報道されております通りゴールデンウイーク中に県外から行き来される方なども少なからずいるかもしれないという観点からゴールデンウイークから2週間は開催しない方がいいとの判断に至りました。
教室再開の具体的な目安としまして、6月の段階で山形県内の学校が再開している場合には教室も再開したいと考えております。
なお【通信講座】に関しましては通常通り開催いたします。
当然のことですが、主催者として責任のある対応が必要との考えからこのような判断をさせて頂きましたことを御理解ください。

アートスタジオKUWA房
桑原武史

【教室通信】「特別休講期間延長のお知らせ」

山形県の学校関係の臨時休業期間が5月10日までとなった事に伴いまして
工房主催の教室の特別休講期間も5月10日までといたしました。
なお、日々状況が変化しているため、今後も必要に応じて追加的な対応をさせて頂く場合があることを申し添えます。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

アートスタジオKUWA房
桑原武史

【教室通信】

先日「教室再開の時期」「【通信講座】の一時的な対応」「教室受講にあたってのガイドライン」についてのプリントを受講生全員に送付させて頂きましたが…
本日、若干の受講生の方より

・【通信講座】のやり取りが面倒
・ちょっとだけでいいので、工房前で作品を見てもらいたい
・ちょっとだけでいいので、「メール」や「電話」でアドバイスをもらいたい

・『個人指導ですし、自分は大丈夫』なので通常の教室を開催してもらいたい

等のご連絡を頂いておりますが、
工房の指針としては到底受け入れることが出来ない為にお断りをさせて頂いております。
【通信講座】への移行をされない受講生に関しましては教室再開の時期までお待ちして頂くしかないことを御理解ください。

私自身の考えで恐縮ですが…
世の中このような状況の中、あえて失礼承知で言わせて頂きますが極一部の『私は大丈夫』という全く根拠のない自信の受講生をお受けする事は到底出来ません。
教室は休講中とはいえ学校へは勤務をしておりますので、大袈裟に思われるかと思いますが私には様々な責任が伴っております。(一般の多くの方々もそうかと思われますが…)
無責任で生半可な行動をすることが出来ない立場ということを御理解いただきたく伏してお願い申し上げます。

【通信講座】への移行を希望されない受講生の方へは御面倒をお掛けしてしまいますが、事情をお察しの上、教室再開の時期までお待ちいただきたくお願い申し上げます。

「ある1日」

今日は学校勤務が無いので自宅で仕事の日です。
朝から、いつ再開するかわからない高校の授業のためのプリント作りです(笑)
4月から新たに勤務している高校はコースが多く、
少し専門的になりますが通常は【美術Ⅰ】だけの授業の高校が多い中、
【美術Ⅱ】【探求美術】と複数の授業カリキュラムの準備をしなければいけません。
パソコンを前にさまざまな出版社の美術の教科書や学習指導要領とにらめっこをして、
『あ~でもない、こ~でもない』と模索をしながら生徒が楽しめる授業のカリキュラムやプリント作成を考えるのは本当に大変なのですが勉強にもなって本当に楽しいんです!!1日があっという間に過ぎていきます(笑)

同時進行で、今晩のメニューである『キーマカレー』の調理もしました。(3日間は『キーマカレー』だな…)

余談ですが…この状況で行きつけの美容室も臨時休業になってしまったので自分で散髪する事としました(笑)
10年ほど前にひと時スキンヘッドにしていた時期に購入したバリカンを引っ張り出すこととなりました。
勿論スキンヘッドや坊主頭にはしませんが…(笑)
エチケットとしてサイドと襟足くらいは素人とはいえ清潔感がでる程度に整えたいと思います。
ニュースで見ましたが、この状況でバリカンの売り上げが前年比の2倍らしいです。
バリカンを持っていて良かったです(笑)

明日も頑張ろう!!

【教室通信】「教室再開の時期について」

教室再開の時期についてお知らせ致します。
『緊急事態宣言』の地域が全国へ拡大となったことや、山形県も『自粛要請』を発表したことを考慮しまして、
現段階では、県の教育機関同様に5月6日まで特別休講ということとします。

また、以前のブログでアップしましたが受験生や作品の添削を希望される受講生に関しましては
手紙やネットで作品写真・質問状を送って頂き添削・講評をする【通信講座】へ一時的に変更いただく事を検討しております。数名の受講生の方より途中段階の作品講評をして貰いたいとのお声を頂いておりますが、現在は特別休講中ということもあり指導を控えさせて頂いております。ただし5月より【通信講座】へ一時的に移行して頂いた受講生の方には添削・講評・指導を致しますので今しばらくお待ちいただきたくお願い致します。
現在、教室が再開された場合、受講生の皆様が安心安全に受講して頂けますように教室独自の「ガイドライン」の作成をしております。
尚、詳細につきましては近日中に受講生全員にプリントを送付いたします。

5月6日以降の対応につきましては状況を見た上での判断とさせていただきます。
何卒ご理解をいただきたく、お願い申し上げます。

アートスタジオKUWA房
桑原武史

食日記「近況」

相変わらず新型コロナウイルスによる厳しい状況が続いています。山形県でも日に日に感染者が増加しています。
工房で主催している「絵画教室」も4月8日より受講生の安全を考慮しまして4月中は【特別休講】としました。
(開講の時期については世の中の状況を見た上での判断と致しまして近日中にブログで情報をアップします)
その様な中、私自身は今までと変わらずAM4:00には起床して学校勤務の日は生徒がいない学校に勤務をして授業準備をしたり、自宅でも学校や教室がいつ再開してもいいようにプリント作成などの事務仕事をする等、出来る事を粛々とする日々を送っています。
不要不急の外出自粛の中、食事の買い出しも数日分購入して、やはり調理や料理を楽しむようにしています(笑)
ただし2日間は同じメニューが続くことが多いのですが…(笑)


◆「白身魚のバジルソテー」「ウインナー」「たこぶつ」「サラダ」「(先日の残り物)グリーンカレー」


◆「たまのコンビニ飯(6種具材のタンメン・半チャーハン・餃子・ザーサイ)」


◆「白身魚のチーズソテー」「厚揚げ」「オクラ飯」


◆「生姜焼き」「唐揚げ」

昨今のコロナの事態で、何故だか「東日本大震災」の時の事を思い出すことがあります。
あの時も全く先の見えない状況でした…。
今回の状況は全く違うものの、先の見えない状況というのは一緒だと感じています。
日本や私たちはあの状況をどうにか乗り越えて来たので、今回もそれぞれが出来る事を一つ一つ頑張っていく事で必ず乗り超えていけると信じています。
皆さんも、この状況が終息することを信じて目の前の事を頑張って行きましょう。
『明けない夜はない』『There is no dawn night』

【教室通信】「受験生の対応について」

受講して頂いております芸術・美術系の高校や大学受験を目指している受講生には一時的に
【通信講座】に変更いただく事をお薦め致します。
受験関係の受講生には先日【特別休講】期間の課題も同封させていただきましたが、
やはり受験となりますと、決められた期間内での練習(訓練)が必要となるために仮に5月いっぱいも再開が出来ない場合には一時的に【通信講座】として対応をさせて頂きたく思います。
【通信講座】の詳細につきましては以下の通りです。

【通信講座】(¥4,000:送料は受講生負担)

①毎月2回:目安として10日・20日前後に課題制作作品(スケッチブック)を送って頂く
②作品が届き次第、作品の添削と次回の課題の説明プリントを同封して着払いで受講生へ返送

このような状況ですので受験関係の受講生と保護者の皆様には何卒ご検討いただきたくお願い申し上げます。
また、受験生以外の受講生の中で【特別休講】期間に御自宅で制作された作品の添削・講評を希望される場合にも同じように【通信講座】で対応させて頂きます。
一時的な【通信講座】への変更希望の方は工房までご連絡をお待ちしております。
尚、この措置はあくまで緊急措置のため通常の教室が再開された場合には以前の日程で対応させて頂きます。

「緊急事態宣言」による【特別休講】のお知らせ

このたびの「緊急事態宣言」に伴いまして、工房で主催しております絵画教室も4月8日より【特別休講】という決断を致しました。
山形県も急速に感染者が増加していることや山形県の学校関係への対応内容を考慮した上で、受講生の安心安全を第一と考えた結果このような判断をさせて頂きました。
現段階の【特別休講】の期間につきましては4月いっぱいと考えておりますが、再開の時期は世の中の状況を見た上での判断とさせていただきます。
『通信講座』につきましては通常の対応とさせていただきます。
尚、詳細につきましては各受講生宛てに連絡プリントを送付いたします。

また、教室再開の時期などにつきましては随時HPにて報告をしていきますので御確認下さい。

「アートスタジオKUWA房」桑原武史

Could create table version :No database selected