アートスタジオKUWA房

日本画作家 桑原武史の「自身の制作」と「絵画教室の開催」ご案内

TEL.023-623-5205


〒990-0052 山形県山形市円応寺町10-13

06月

久々の休日と「唐揚げ」で息抜き

本日は6月より学校と教室が再開されてから初めての休日でした。
世の中「緊急事態宣言」解除で以前の生活スタイルを取り戻したかのような人々もいるように感じますが、私自身はまだまだ慎重に警戒をしながらの生活を送っております。今回のコロナウイルスの件で、良い悪いは別としまして人々の認識や価値観の違いというものを要所要所で感じております。
もちろん様々な考え方があるのは当然のことですが…。
私自身はコロナウイルスが再び広がる事も想定して粛々と慎重に事を進めて生活をして行こうと思っております。

その様な中、土曜日・日曜日も教室をさせて頂いている事と学校勤務が増えたこともあり、ほぼ1ヶ月ぶりの休日となりました。
とは言いましても…
お世話になっている画廊さんに10月に企画をして頂いた展覧会の打合せや出品画の制作・画材注文などで何かと忙しい休日となりましたが…、そのような中で久々に大好きな「唐揚げ」を調理をすることで息抜きができました(笑)
 
いつも通り多めに調理したので、明日のお弁当や夕食も「唐揚げ」となりますが大好きな「唐揚げ」なので頑張って行こうと思えます!!(笑)
「唐揚げ」を食べて明日からも頑張ろう!

【教室通信】「日本画教室の受講生へ朗報」


私もお世話になっております日本画の絵筆の製作・販売をしております『宮内不朽堂』さんが、このたび全商品半額のセールをするとのご連絡を戴きました。
今までも年に数回のセールは御座いましたが全商品対象の半額セールというのは、なかなか無い事ですので私も含めまして、日本画教室の受講生の皆様にはこの機会に普段なかなか購入することが難しい高価な絵筆の購入をする絶好の機会と思います。
期間につきましては7月15日までとの事ですので、この機会に不足した絵筆や新しい絵筆を揃えてみるのもいいかと思われます。

食日記「はじめての牛丼調理」

久しぶりの食日記です(笑)
ただでさえめったに外食をしない私なのですが、新型コロナウイルスの関係と忙しい日々の中でこの数カ月は一切外食をしていません…。
その様な中、無性に『牛丼』を食べたくなり、学校からの帰宅途中に食材を購入して初めて『牛丼』の調理をしました。
簡単な調理とはわかってはいたものの、今まではあえて自分で調理をすることは無いメニューでした。
牛切り落とし肉・玉葱を購入して、酒・みりん・だし汁・砂糖・醤油などで味付けをして調理をしました。
せっかくなので多めに調理したこともあり3日間は『牛丼』になると思います(笑)

ただし『牛丼』用語で、よく聞かれる
【つゆだく】…つゆ多め
【つゆぬき】…つゆを出来るだけ切ること
【ねぎだく】…牛丼のネギの量を多め
【トロだく】…脂身の多い部分を多く盛ること
【皿定】…牛皿と御飯が別
【卵のせ】…その名の通り生卵をのせる
等の調節が自身の気分で出来るのが、自分で調理をすることの利点です(笑)

本日は、純粋な『牛丼』で美味しく戴きました。

もう一つの勤務高校

以前ブログにもアップしましたが、今春より山形県内の別の公立高校でも勤務することとなりました。
山形市内より少しばかり離れた高校で、周りは畑と山に囲まれた自然豊かな環境の中にある高校です。
天気のいい日には、山形県と秋田県の県境にそびえたつ『鳥海山』もはっきりと見えます。

この勤務する高校の美術室は4階にあるため、窓からの景色は本当に綺麗で癒されます(笑)

新型コロナウイルスの関係で6月からの授業となりましたが、ようやく生徒たちとも少しずつではあるもののコミュニュケーションがとれてきて楽しく授業をすることができています。

さあ頑張っていこう!!

【教室通信】これからの教室運営についてのお願い

6月より当工房の絵画教室を再開いたしましたが、
若干名の受講生の方が『先生よりご連絡がありませんでしたので…』との理由で、再開を知らずに休講という事がございました。
【緊急事態宣言】後特別休講措置の御手紙を全受講生の方々に2回程させて頂きましたが、その中にも『申し訳ございませんが、これからは諸事情がありHPにて教室状況の確認をお願い致します』との記載をさせて頂きました。
現在、個人指導とは言え50人強の受講生の方々に受講いただいております都合で、主催側の都合で大変申し訳ないお話なのですが1回の「御手紙」「御電話」のご連絡でも正直申し上げますとそれなりの料金が発生してしまいます。その事を御理解して頂きました上で、前回の御手紙にも記載をさせて頂きましたが受講生の皆様にはHPでの御確認をお願いをさせて頂いております。
勿論、PCに馴染みのない受講生の方もいらっしゃるかと思いますので、その場合にはお電話にてお問合せを頂きたくお願い申し上げます。
尚、このような状況の為、特別に電話での個人的連絡希望という受講生もおりますが一切その様な事は致し兼ねますので事情お察しの上、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。
また、教室再開後に数名の【こども絵画教室】保護者の方々より『私は入室しない方がいいですよね?』との御質問を頂く事がありましたが、その点に関しましては以前の通り、お子様の受講時には工房内にて一緒にお待ちして頂きまして一向に構いません。

【教室通信】「熱中症予防について」

教室は「新型コロナウイルス」感染予防の対策を出来る限りしながら再開されましたが、
気温が高くなるこれからの時期は「熱中症」にも気を付けなければいけません。
教室では新型コロナウイルス感染予防の観点から換気を良くするため基本的に窓を開けての受講となります。
ただし、あまりにも気温が高く暑い場合には一時的にエアコンをつける等の対応はしていきますが、受講生の皆様にも熱中症予防としましてペットボトルや水筒をお持ちいただき水分補給をしながらの受講をお願い致します。
特に【こども教室】の保護者の皆様にはお子様に持参をさせて頂きたくお願い致します。

Could create table version :No database selected