アートスタジオKUWA房

日本画作家 桑原武史の「自身の制作」と「絵画教室の開催」ご案内

TEL.023-623-5205


〒990-0052 山形県山形市円応寺町10-13

「絵画教室で制作した作品は宿題として認めない⁉」

「絵画教室で制作した作品は宿題として認めない⁉」

【こども絵画教室】の小学校低学年の受講生が山形市内の小学校の担任の先生に
『絵画教室で制作した作品は宿題として認めない』と言われたそうです。
担任の先生の真意は解りかねますが、
「絵画教室で制作するような大人っぽい題材・作品は認められない」との理由らしいです…。

私も十数年絵画教室をさせて頂いておりますが、このようなことは初めての事です…。
私の教室はこどもが描きたい事を大切にして、過度に手をいれたり等の指導はせず、経験した事の無い技法などを取り入れて貰う事で表現することの楽しさを体感してもらう教室ですので、今回の事案は本当に驚くとともに大変残念に思っています…。
せっかく向上心をもって一生懸命に作品を良くしようと頑張っているこどもの作品を一度も見てもいないのに、絵画教室でも制作をしているというだけで拒否をしていいものなのでしょうか?
そのような権限は、はたして担任の先生にはあるのでしょうか?

では「学習塾」「書道教室」「音楽教室」「各種スポーツ教室」についてはどうなのでしょう?
少しでも学校の成績を上げたかったり理解力を上げたかったり技術力を身に付けようと多くのこども達が向上心を持って一生懸命に通って学んでいると思います。

たまに小学校の先生方に『図画工作の指導』についての講習会に講師として呼んで頂く事のある私ですが
この度の件については正直「?」と言わざるを得ません…。
向上しようと一生懸命に頑張って制作をしているこどもの気持ちを思いますと本当に可哀そうでなりません…。
このようなことがあっていいのでしょうか?疑問に思ってしまいます…。

« »