アートスタジオKUWA房

日本画作家 桑原武史の「自身の制作」と「絵画教室の開催」ご案内

TEL.023-623-5205


〒990-0052 山形県山形市円応寺町10-13

「恩師の最終講義」

「恩師の最終講義」

 <講義前のようす>
本日、大学・大学院時代より現在も画塾でご指導を頂いております番場三雄先生が退官をされるという事で、高校の勤務後に母校の東北芸術工科大学で開催されました最終講義「写生から学んだ四半世紀」を聴講してきました。十数年ぶりに母校で講義を受けましたが、講義名の通り先生の写生や小下図、そして写生がどのように日本画制作へ繋がって行ったのかスライドを見ながらの説明を聞き、あらためて写生の重要性を感じられた講義でした。大きな階段教室の講義室は、学内生や卒業生などでほぼ満席状態でした。
番場三雄先生は東北芸術工科大学の開校時から現在まで日本画コースの教授としてご指導をされており、現在は日本美術院の同人としてご活躍をされております。厳しいご指導の反面、さまざまな面で親身になって相談に乗って下さる本当に優しい先生です。

3月には「番場三雄先生退官記念展」も東北芸術工科大学で予定されており、私も写生作品数点を参加出品させて頂く事となっております。

長い間の大学でのご指導、本当にお疲れ様でした。
これからも、ご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

« »